EAプログラマーがオススメのMT4インジケーターやFX手法を紹介

ハーモニックトレーディング後の対応について

ハーモニックパターンは、トレンド転換やトレンド相場の押し目や戻しを狙う際に成功率がとても高いトレーディング方法です。

ハーモニックパターン完成後にエントリーをしてイグジットしてから、次のハーモニックが完成するまでトレードチャンスがないのかというとそうではありません。サポ・レジラインやダウ理論などの基本的な知識があれば、いくらでもトレードチャンスを見つけることができます。

その具体例を今回は紹介していきます。

昨日のユーロ円ハーモニックトレーディングの続きです。

前日の記事で紹介したハーモニックパターン完成後のトレード動画。
8月26日 1回目

次にその後のユーロ円トレード動画です。
8月26日 2回目

2回目のトレードは直近安値のレジスタンスから反転を確認してエントリーをしています。

1時間足下落トレンドの戻し目から仕掛けた感じです。

エントリー根拠としては、3つあります。
1つ目、ダウ理論で高値と安値を切り下げている。
2つ目、レジスタンスラインからのロールリバーサル確認。
3つ目、日足でハーモニックパターンが完成している。

ユーロ円の日足チャートではハーモニックパターンが完成して売り圧力が強い状況となっています。

ハーモニックパターンを検証

日足では売り方向へハーモニックが完成して、26日の朝には1時間足で買い方向へハーモニックが完成していました。

こういった状況から、1時間足のハーモニックは下落トレンドの戻し目を狙えるという事が判断でき、その後の反転を確認すればトレンド方向の波へ乗っかることができるとシナリオを描くこともできます。

デイトレードの実践テクニック

ハーモニックパターンとダウ理論やサポ・レジラインを利用したトレードを組みわせることで、トレンド発生中は順張りと逆張りで効率的に稼いでいくこともできるようになります。

相場全体の流れを読みながら戦略を組み立てることをマスターすれば、利益は何倍にも膨らみますので実践トレードに役立ててください。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

このBLOGを書いている人

プロフィール夏目直也

MT4ハーモニックパターンのインジケーターをプレゼント

おすすめ記事

登録されている記事はございません。