EAプログラマーがオススメのMT4インジケーターやFX手法を紹介

ニュートンFXを検証レビュー

ニュートンFXを購入したときに少しレビューを書きましたが、半日ほど時間を空けて検証しましたのでレビューしていきます。

先行販売として1万9800円で販売されているニュートンFXですが、元の販売価格を見ると15万円?となっています。「どれだけ値引きしてんだよ!!」とツッコミを入れたくなりますが、ほんとFX商材の定価はあってないようなものですね。

ニュートンFXを検証

前回アップした動画で2015年8月3日~21日までのニュートンFXのサイン状況を紹介しました。

今回はリアルトレードに近い状態でバックテストをしたのでその結果を貼っておきます。

推奨通貨ペアのユーロドル15分足で検証期間は2015年8月3日~21日。
検証したのは基本ロジックだけです。セカンドステージのブレイクアウト手法や、サードステージの逆張り手法は検証していません。

口コミで評判のニュートンFXのバックテスト結果

テストバー数 2048
モデルティック数 1030781
モデリング品質 90.00%
不整合チャートエラー 0
初期証拠金 10000.00
スプレッド 現在値 (20)
総損益 -35.87
総利益 222.10
総損失 -257.97
プロフィットファクター 0.86
期待利得 -1.33
絶対ドローダウン 126.37
最大ドローダウン 138.27 (1.38%)
相対ドローダウン 1.38% (138.27)
総取引数 27
ショートポジション(勝率%) 13 (53.85%)
ロングポジション(勝率%) 14 (50.00%)
勝率(%) 14 (51.85%)
負率 (%) 13 (48.15%)
最大
勝トレード 26.10
負トレード -50.80
平均
勝トレード 15.86
負トレード -19.84
最大
連勝(金額) 3 (57.20)
連敗(金額) 3 (-97.50)
最大化
連勝(トレード数) 57.20 (3)
連敗(トレード数) -97.50 (3)
平均
連勝 2
連敗 2

予め言っておきますが、直近相場わずか15日くらいの検証データなのでこの短期バックテストデータではニュートンFX手法の優位性を判断することはできません。

ただ取引回数や勝率などは参考になると思います。

検証をした感想としては、2万円で販売されているFX商材なので過度な期待は厳禁だという事ですね。ニュートンFXのセールスページに過去の成績結果を公開しない理由も何となくわかる気がします。

もし私が長期的に毎月300pips~500pipsを高確率で稼ぐシステムを開発した場合には、絶対に2万円なんて安売りはしません。そもそも販売すらせず自分でこっそり稼ぎまくりますから(笑


検証してわかった!ニュートンFXのメリット、デメリット

結果は別として、ニュートンFXのロジック(考え方)そのものは悪くないと思います。

ファーストステージで公開されているトレンドフォロー手法。
セカンドステージで公開されているブレイクアウト手法。
サードステージで公開されている逆張り手法。

どのストラテジーも相場環境が一致すれば、そこそこのパフォーマンスを出すことはできます。

チェック1 ニュートンFXの基本ロジックで一番気になっていたレンジ相場の状況。

レンジ相場で騙しサインを回避するトレード方法

上のチャートはニュートンFXのレンジ相場状況です。

チャート上側のゾーンオーダーでは「BUY」なので買いサインが出て、3pips上でエントリを仕掛けます。条件が揃ってエントリーをしたのは1回だけ(結果は損切り)で、他のサインは条件が一致せずに無駄なエントリーをせずに済んでいます。

トレンドフォロー手法なのでトレンドが発生すれば稼ぎやすくなるのは当然ですが、レンジ相場で連発するダマシサインに引っかかるという事は検証を通して少ないということがわかりました。この辺りはよく考えた設計になっています。

チェック2 IFDO(イフダンOCO)注文をいれて後はほったらかしと都合よくならない。

ほったらかしで簡単に稼げるFX手法はない

ニュートンFXのセールスページでは、
簡単2ステップでメールでサインを受信してエントリー&決済予約でほったらかしと紹介しています。

しかし現実はそう甘くありません。

上のチャートでは、買いの条件が揃ってIFDO注文(新規エントリー・リミット・ロスカットの予約)を入れたとしましょう。
しかし、30分後に売りのサインが出たので先ほどの注文予約は取引消す必要があります。

その後、また買いのサインが出た場合には再びIFDO注文を入れる必要があります。

レンジ相場になれば短時間に上記の繰り返し作業が必要になります。

簡単でほったらかしで稼げるというのは、どう考えても言いすぎです。

チェック3 ニュートンチャンス後のサインは稼ぎやすい!

トレンドの勢いの波に乗る勝率の高いおすすめ手法

ニュートンチャンスが表示された後にエントリー条件が揃うと比較的相場は大きく動きます。

チェック4 ゾーンオーダーの切り替わり時にはエントリーチャンスを逃してしまうことがある!

トレンド転換や相場の切り替わりMT4インジケーター

チャート画面右側のゾーンオーダーがBUYの時には買い矢印サインでIFDO注文を出しますが、次の足で売りサインが出た時には注文を取り消します。

その後の相場では直近安値をブレイクしてきたあたりからゾーンオーダーがSELLに切り替わりますが、仕掛けることができずにチャンスを逃してしまうという事もあります。

これについてはマルチタイム系の時間のずれを利用したロジックはどうしてもしょうがない事です。


ニュートンFXの総評

くちこみで評判のFX商材を評価

ニュートンFXについてはまだ検証データが少ないので、良いとも悪いとも明確な判断はできていません。

ロジックについては全てオープンで、ニュートンシステムで誰でも機械的なトレードができるポイントは評価できます。

開発者のHaruさんも動画で話していましたが、ニュートンFXは爆発的に稼ぐロジックではないですが勝ちと負けを繰り返しながら稼ぐFX商材です。ファーストステージからサードステージまでの手法は私が想像していた(販売価格的にショボい内容だと思っていた)以上に研究をしています。

ストラテジーは悪くなくあとはパフォーマンスがどこまでついてくるかになりますので、ニュートンFXは今後も検証を続けて結果をアップしてきます。

ニュートンFXの販売ページをチェック⇒

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

このBLOGを書いている人

プロフィール夏目直也

MT4ハーモニックパターンのインジケーターをプレゼント

おすすめ記事

登録されている記事はございません。