EAプログラマーがオススメのMT4インジケーターやFX手法を紹介

米国大手ファンドグループの15年負けなしロジックが明かされる!

元SMBキャピタルに在籍していたPaul Zimon(ポール・ジモン)氏が、15年間負けなしで月利平均12.7%を稼ぎ続けるロジックを公開。

SMBキャピタルといえば、フォックスビジネスやCNNニュースにチャンネルを持つ米国では名の知れたプロップファームで、そこで社員研修に使われるトレード手法が明かされている。

フィボナッチを使った実践的なロジックを日本人トレーダー育成のためにカリキュラム化して、優秀な人材を集めて日本でプロップファームを立ち上げる目的のようだ。

Paul Zimon(ポール・ジモン)氏が公開した、フラッシュゾーンFXとは?

フラッシュゾーンFXの会員ページ

チャートの時間軸に関係なく現れるサイクルクローズにフィボナッチを引いて、彼らがフラッシュゾーンと呼ぶポイントでエントリーの仕掛けを行います。決済、損切りの場所も明確にルール化されています。

基本ロジックでのリスクリワードは、リスク1:リワード2となっています。

このフラッシュゾーンFXは、ショートカバーでトレンドの転換を狙うストラテジーとなっていますが、応用のトレード動画では更に突っ込んだ内容(初級者・中級者・上級者)で優位性の高いストラテジーが公開されます。

フラッシュゾーンFXの何が凄いのか?

1、大手ファンドグループのトレーダーの戦略を学べる。
2、プロップファームのトレーダーと同じ場所で取引ができる。
3、15年間負けなしのフィボナッチ手法を実践できる。
4、完全にルール化されているため、裁量いらずでシステムトレードできる。
5、時間軸に縛られない手法なのでデイトレでもスイングでも自由に対応できる。

今までのFX商材と大きく違う点は、大手ファンドグループで現在も使い続けられているストラテジーが公開されたという事が何より衝撃的でした。

そして条件付きではありますが、全額返金保証にも対応しています。
フラッシュゾーンFXの全額返金保証条件は、30日間カリキュラムの手法を実践してマイナス収支になれば全て返金に対応するというものです。

それだけ手法や再現性に自信があり、過去15年間の実績からくる自信の表れです。

私もフラッシュゾーンFXを入手して、フォレックステスター2で2014年~1015年にかけて過去検証を行いましたが、ストラテジーの安定性は抜群に高い結果を確認できています。

実践検証を含めてこちらの記事でレビューしていますので、締め切りになる前にチェックしておいてください。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

このBLOGを書いている人

プロフィール夏目直也

MT4ハーモニックパターンのインジケーターをプレゼント

おすすめ記事

登録されている記事はございません。