オススメのMT4インジケーターやFX手法を紹介

ポンドドルのハーモニックパターン検証(+147pips)

2015年6月2日のポンドドル4時間足ハーモニックパターンを検証しています。

まずはチャート分析をしていきましょう。
ハーモニックパターンで精度の高いMT4インジケーター

4時間足の4月13日の安値から5月14日の高値に引いたフィボナッチでは50%にタッチする場面でのトレードをしています。

ポンドドルは、4月13日の安値から強い上昇トレンドに入り1200pipsの上昇をしています。わずか1か月程度で1000pips超えというのは、さすがポンドという印象ですね。

その上昇から上下を繰り返しながら下落していき、フィボナッチ61.8%では目立つ買いが入らずにダラダラ下落してきています。

6月1日にハーモニックパターンが完成をして、フィボナッチ50%付近で反転を確認してからのエントリーです。

動画に収録していますので、ハーモニックパターンを使ってどのようなトレードをしているのか参考にしてください。

ハーモニックパターンの成功率は90%といっても、今回のようにフィボナッチや相場の節目などのエントリー根拠が複数重なる場面でトレードをすることで非常に勝率の高いトレードができます。

たまにハーモニック単体でトレードをしている方もいますが、世界中のトレーダーがハーモニックパターンだけを見てトレードをしているわけではないので、やはり複数のエントリー根拠が重複するポイントを狙うというのがセオリーになります。

ポンドドルやユーロドルなど値動きのいい通貨ペアでは、ハーモニック4時間足でトレードをする場合は多くのケースで100pips前後は狙うことができます。そして4時間足なので時間の流れもユックリなので焦って決済判断をする必要もありません。

スキャルピングやデイトレードをやって、自分には短い足でトレードは向いていないなぁと感じている方はぜひ、ハーモニックを利用したスイングトレードにチャレンジしてみてください。

短期トレードに比べてトレードチャンスは少ないですが、1回あたりの利益の大きさや騙し的な動きの少なさにきっと驚くはずです。

ハーモニックパターンのやり方がわからない方は、当サイトでプレゼント企画もやっていますので活用してくださいね。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

このBLOGを書いている人

プロフィール夏目直也

おすすめ記事

登録されている記事はございません。