EAプログラマーがオススメのMT4インジケーターやFX手法を紹介

日経225先物でハーモニックパターンは通用するのか?

去年の終わりごろからハーモニックパターンを使って日経225先物でどれほど通用するのかを検証・研究してきました。やっと再現性の高いロジックも完成して、日経225先物でも大きく利益を稼ぐことに成功しています。

そこで今回は、本当に日経225先物でもハーモニックパターンを使い稼げるのか?という事を重点的に紹介していこうと思います。

まずは2016年1月のハーモニックを使った相場を早送りですがご覧ください。

2016年1月のデータ(日経225先物1時間足)

1月6日完成 18036円⇒18216円まで上昇 値幅180円

1月6日完成 17920円⇒18159円まで上昇 値幅239円

1月7日完成 17966円⇒17582円まで下落 値幅384円

1月8日完成 17156円⇒17557円まで上昇 値幅401円

1月13日完成 17728円⇒17221円まで下落 値幅507円

1月14日完成 17607円⇒16736円まで下落 値幅871円

1月19日完成 17266円⇒16529円まで下落 値幅737円


1月25日までのデータですが、1時間足で約7回ほどのトレードができています。
値幅合計は3319円となっています。

もちろんハーモニックパターンが完成してから相場が思い通りに動いたすべての値幅を獲得できるわけではありませんので、仮に約半分ほど値幅である1650円を獲得できた場合で計算してみると

日経225先物ラージ1枚取引の場合 +165万円の利益
日経225先物ミニ1枚取引の場合 +16万5千円の利益

FXだけでなく日経225先物でもハーモニックパターンは有効だということがご理解いただけると思います。

ただ去年の終わりから日経225先物のロジックを完成させるまでに少し時間がかかったのは、FXとは違う日経225先物独自の癖があったからです。

今後はFXだけでなく日経225先物でも稼いでいくテクニックなどもこのBLOGで紹介していきます。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

このBLOGを書いている人

プロフィール夏目直也

MT4ハーモニックパターンのインジケーターをプレゼント

おすすめ記事

登録されている記事はございません。