オススメのMT4インジケーターやFX手法を紹介

テロのリスク回避相場でも22万円の利益獲得

2015年11月16日はパリ同時テロでリスク回避の動きから為替は開始となりましたが、ドル円ではリスク回避の動きがいい押し目となり欧州から米国時間にかけて上昇しています。ユーロ円は窓開けから70pips程度売られましたが、テロの影響は限定的で経済にもあまり影響がないという市場の反応から買い戻されています。

今回のパリ同時テロでは週をまたいでいたという事もあり市場の反応がかなり気になりましたが、日本時間の前半に反応があったくらいで、あとは通常通りの相場展開というイメージでしたね。

トレード結果
ユーロ円 +12万5700円
豪ドル円 +10万2900円

ユーロ円のトレードは下落後にハーモニックパターンが完成して窓埋めを狙うトレードとなっています。買いのエントリー根拠としては、ハーモニック以外に窓埋めやボリンジャー2σタッチからの戻し等あり関連通貨ペア(ドル円・ユーロドル)のテクニカル分析を含め、トレードしやすい環境が整っていました。

ドル円も絶好の買い場となっていましたので、中・長期口座のヒロセ通商で122.454から50枚ほど買いで仕掛けています。現在は77pips(+38万9千円)ほど含み益になっていますが、124円付近までポジションを粘って持っておこうと考えています。

中長期トレード状況

資金が少ない方やトレードになれていない方は、まずは1つ(短期か中期)のトレードに絞って極めていくほうがいいですが、慣れてくれば中期と短期の組み合わせでトレードをすることでトレンドが発生したときには大きく収益を伸ばしやすいので、気持ち的にも楽になってくると思います。

11月も順調に稼ぎ続けていますので、この調子で皆さんもガッツリ稼いでいきましょう!

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

このBLOGを書いている人

プロフィール夏目直也

おすすめ記事

登録されている記事はございません。