EAプログラマーがオススメのMT4インジケーターやFX手法を紹介

抵抗ライン付近でのヒゲに注目!実践相場での稼ぎ方

2015年11月5日のポンドドルは強烈な売りが入り190pipsの下落となる相場展開でした。日足SMA100(週足SMA20)あたりがレジスタンスとして意識されている相場で、典型的なレンジ相場の動きとなっています。

下図の日足チャートでは、レジスタンスゾーン付近で何度もローソク足がヒゲを出して強力なレジスタンスとして機能していることが判断できます。こういったポイントを見逃さずにハーモニックトレードに役立てることで、確度の高いトレードが可能になってきます。

プライスアクションやダウ理論で環境認識

この状況でポンドドルで売り方向にハーモニックが完成すればよかったのですが、残念ながらハーモニックは検知されなかったので関連通貨ペアのポンド円でトレードをしています。

5日はポンド円のハーモニックパターンでトレードをしました。

トレード結果
ポンド円 +64万4400円

ポンド円の1時間足ハーモニックでトレードをしたので早い段階でエントリーをすることができ、200pipsを超える利益を獲得できています。

前日に仕込んで翌日の朝に決済で60万円以上の利益が発生していることになりますので、タイミングさえ間違わなければスキャルピング等より手間もなくはるかに楽に稼ぐことができます。

11月にはいってまだ6日目という事と、大きなイベント(米雇用統計など)を控えているという事で、あまりハーモニックパターンが発生しておらず11月はこの取引を合わせて3回しかトレードができていません。

11月3日決済分
・ポンド円 +12万7800円
・ポンドドル +19万2330円

11月6日決済分
・ポンド円 +64万4400円

3回トレード合計で+96万4530円の利益獲得です。

トレード回数は少ないものの6日間の成績で約100万円近い利益を獲得できていますので結果としては悪くないのではないでしょうか。

よく質問で1か月の取引回数は何回くらいですか?多いですか?少ないですか?等を聞いてくる方がいますが、取引回数は相場状況や監視通貨ペア(監視時間軸等)によっても大きく開きが出ます。

そういった方に本質として理解してもらいたいのは、多くトレードをしたからといって大きく稼げるという事にイコールしないという事です。

FXで稼ぐために大切なことは、勝つ確率の高いポイントであなたがどれだけ取引できるのかが重要であり、それが1か月に5回~10回でもあれば簡単に100万円以上の利益を達成することができます。

下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるという感覚でトレードをするのではなく、1回1回の取引を全力で稼ぎに行く気持ちを常に持ち全力でチャート分析をして、確度の高いポイントを見極めることができるスキルを磨いていきましょう。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

このBLOGを書いている人

プロフィール夏目直也

MT4ハーモニックパターンのインジケーターをプレゼント

おすすめ記事

登録されている記事はございません。