上位足と下位足のハーモニック一致で強烈な下落

昨日の豪ドル円は、日足のハーモニックと下位足1時間と30分足ハーモニックで強烈に下落となる展開でした。

10月21日のトレード結果は+9万3900円でした。

昨日は87.270から売りで仕掛けたのですが、相場的にはまだまだ利益を伸ばせる状況でした。

理由としては、日足チャート10月13日のローソク足(陰線)から現段階では4時間足のレンジ相場になっています。

豪ドル円の日足チャート
トレンド相場とレンジ相場の攻め方

4時間足を確認すれば狙い目が見やすくなりますので下に貼り付けておきます。

マルチタイムフレーム分析でデイトレード

4時間足レベルでは87.263に引いたレジスタンスラインと86.332に引いたサポートラインの中で現状は相場が動いている状況です。

21日はレンジ上限から30分足でハーモニックができ関連通貨ペアも含め複数のエントリー根拠が重なり合うポイントでした。

自分が実践しているハーモニックトレード手法についてよくブログを見た方からご質問を頂きますが、凄く複雑なテクニカル分析で稼いでいるのでは?と考えている方もいますが、裁量トレードの基本をベースに構築している手法なので基本をしっかり勉強している方であれば誰にでも同じようなトレードをすることができます。

1つのチャートを分析するにしても基礎ができているトレーダーと基礎が未熟なトレーダーとでは考え方も仕掛け方も変わってくるのは事実です。

ハーモニックパターンは素晴らしいFXで稼ぐためのツールですが、その道具を使いこなせるだけの基礎スキルをしっかり勉強していくことが早く成功を引き寄せる秘訣だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください