オススメのMT4インジケーターやFX手法を紹介

チャート分析

ハーモニック検証1

豪ドル円(上図)月足
月足では下落からの戻しを試す展開。
青い水平線は何度も意識されている強い抵抗ライン。

ハーモニック検証2

豪ドル円(上図)週足
週足を見ると青い抵抗ラインや青い移動平均線をターゲットに戻してる状況だと判断。

ハーモニック検証3

豪ドル円(上図)日足
日足に引いている赤いラインは、9月18日の抵抗ラインで4時間足で見ると判断しやすいラインです。
ただ抵抗ラインのレベルとしては、あまり意識されにくいラインです。

ハーモニック検証4

豪ドル円(上図)4時間足
上記でも説明していますが、4時間足で見ると赤いラインは抵抗ラインとして引けなくもないですが、強力な青いラインに比べると弱いと判断できます。

ハーモニック検証5

豪ドル円(上図)1時間足
1時間足を見ると今の豪ドル円の相場状況が明確に判断できますが、現在は強い上昇トレンドを継続しています。
ダウ理論的に考えると直近安値をブレイクせずにトレンド転換の兆しは見られず、買いの強気で市場参加者はトレードをしているので、4時間足ハーモニックで赤いライン付近からの売りは危険だと判断できます。

ハーモニック検証6

豪ドル円(上図)30分足
上記の理由から、30分足のハーモニックパターンの買いでエントリーをするシナリオのほうが確率的には勝ちやすいと判断できます。


さらに上記シナリオを確信していくために豪ドル円とかかわりが強い豪ドルドルとドル円をチャート分析していきます。

ハーモニック検証7

豪ドルドル(上図)月足

ハーモニック検証8

豪ドルドル(上図)週足

ハーモニック検証9

豪ドルドル(上図)日足

ハーモニック検証10

ドル円(上図)日足

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

このBLOGを書いている人

プロフィール夏目直也

おすすめ記事

登録されている記事はございません。